<

彦一どん

若様はひとり

肥後松井様の城下に、彦一(ひこいち)と言う、とてもかしこい子どもがいました。
そのうわさは隣近所の町や村にまで広がり、お城の殿さまの耳にまで入りました。
「そんなに利口なら、一つとんちの力試しをしてやろう」
こうして彦一は、お城に呼ばれます。
お城の大広間でかしこまっていると、やがて現れた殿さまが言いました。
「そちが、城下で評判の彦一じゃな。
面(おもて→顔)を上げい。余にも、お前くらいの若が一人おるが、これからは若の遊び相手をしてやってくれ」言ったあと、家来の者に若さまを呼びに行かせました。

やがてふすまが開き、一人、二人、三人、四人、五人と、同じ着物を着た子どもがぞろぞろと入ってきました。着物だけではありません、皆同様に顔がよく似ています。「どうじゃ彦一。本当の若が当てられるか?、うわさに聞く知恵で見事当てたら、褒美をつかわすぞ」周りにいた家来でさえ、若さまを当てる自信がありません。それを若さまを見た事のない彦一が分かるはずがないと、殿さまは得意顔(とくいがお)です。「さあ、どうした。無理なら、正直に無理言うがよい」
ところが彦一は、ニコニコしながら言いました。
「どの子も同じように見えます。しかしわたしには、本物の若さまはちゃんと分かります。本物の若さまは、手習いの後と見えて、手に墨(すみ)が付いていますよ」
この言葉につられて、本物の若さまは自分の手を見て、他の子どもはそれをのぞき込みました。ところがどこを探しても、墨はついていません。
「殿さま。そのお方が、若さまです」殿さまはすっかり感心し、「これはまいった。約束通り、褒美をつかわそう」こうして彦一は、沢山の褒美をもらう事が出来たのです。

 

-彦一どん
-, , ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3