<

彦一どん

八人の真ん中

ある日の事、お城から彦一のところへ、こんな知らせが届きました。
《若さまの誕生祝いをするから、庄屋(しょうや)と村の者を六人合わせた八人で城へ参れ。人数は、きっかり八人で来るように》それを知った庄屋さんは、大喜びです。「お城からお呼びがかかるとは、ありがたい事だ」しかし彦一は、その手紙を見ながら考えました。「八人きっかりと、念を押しているところがあやしいな。あの殿さまだ、また何か企んでいるに違いないぞ」さて、お城へ行く日になりました。彦一と庄屋さんは、村人の六人と一緒に言いつけ通りの八人でお城に向かいました。庄屋さんと彦一以外の六人は、生れて初めて入るお城に緊張しています。
「お城では、どんなごちそうが出るんだろう?」「おら、ごちそうの食べ方なんて、知らねえぞ」「おらもだ。失礼があったら、どうしよう?」すると、彦一が言いました。「大丈夫。庄屋さんの真似をすればいいんだよ」「そうか、それもそうだな」 そう言っている間に、八人はお城の大広間に通されました。大広間では、すでに若さまのお誕生日を祝う会が始まっています。
正面の高いところから殿さま、奥さま、若さま、そして大勢の家来たちやお付きの人たちが並んでいます。その前に進み出た庄屋さんが、深々と頭を下げてあいさつをしました。「若さまのお誕生日、おめでとうございます」「おう、参ったか。うむ、きっかり八人で来たな。わははは」殿さまの笑い声からすると、やはり何かをたくらんでいる様子。「さあ、遠慮なく、こっちへ。若もその方が、喜ぶからな」
言われて彦一たちが前に進み出ると、殿さまはニヤリと笑いながら言いました。
「それから彦一に、注文をいたす。彦一は、並んだ八人のちょうど真ん中に座る様にいたせ、よいな。それが出来なければ、すぐに帰るがよい」
やはり彦一たちを八人で呼んだのは、殿さまのはかりごとだったのです。家来やお付きたちはみんな飲み食いを止めて、彦一がどうするかと見つめました。人数が五人とか七人とか九人だったら、ちょうど真ん中に座る事が出来ます。けれど八人では、そうはいきません。「あの小僧。知恵者だと評判だが、どうするつもりだろう?」「しかし殿さまも、お人が悪い。八人ではどう考えても、真ん中に座れないではないか」それを聞いた庄屋さんは、彦一のそでを引いて言いました。
「彦一。八人ではどう考えても、真ん中に座るのは無理だ。ここは、謝って帰ろう」でも彦一は、ニッコリ笑って殿さまに言いました。
「殿さま。わたしが真ん中に座れば、どのような座り方をしてもいいのですか?」
「ああ、良いとも。ただし、上に重なったりしては駄目だ」「承知しました」
彦一は振り返ると、庄屋さんや村人たちに言いました。
「みんなでわたしを囲んで、丸く座って下さいな」
みんなは言われた通り彦一を中心(ちゅうしん)にして、丸く車座(くるまざ→輪になって座る事)に座りました。これなら七人でも八人でも、ちゃんと真ん中に座る事が出来ます。 それを見た殿さまは、思わず手を叩いて言いました。
「うむ、あっぱれ! 彦一よ、この勝負はそちの勝ちじゃ!」
殿さまの言葉に、家来も庄屋さんたちも大喜びです。
こうして彦一のとんちのおかげで、庄屋さんたちみんなはおいしいごちそうにありつけたのです。

-彦一どん
-, , ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3