<

彦一どん

彦一の水ぶろ

夏の暑か日、彦一は八人の百姓と頒主のとこへ年貢の米を納めに行かした。馬のせなかに米ば三俵ずつ積んで、水がないので、のどは渇くし、暑く、汗ばたらたら流して歩いていきました。

途中、森には美しか水の湧きでる池のあり、早ようそん冷い水ば飲もうと思って歩いていました。森に着いてみると、池の水は減ってしまって、飲もうしてもとどきません。皆な、なんとかしてのもうとしても、のめません、水は目の前にあるばってん飲めんません、よけいのどは渇きます。

そん時、彦一は着物ばぬいで裸なって、池の中に飛び込まいました。彦一は、気でもくるったっかと、皆、驚きました。すると、どうだろうか、彦一の体の重みで池の水がふえ、皆、水をのむことができたのさ。

 

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3