<

彦一どん

タヌキのまんじゅう

「彦一チャン、あんた何が一番おそろしかっな。」

と、きいて来た。彦一もこまった顔して、

「そうな、人のよろこぶこつだろ。じつはまんじゅうば見っとふるえてしまう。」

と、まじめに答えた。そしたらまもなくして、まんじゅうが家ん中に、いっぱいなげこまれてきました。彦一は、うれしくてたまらなかったが、

「タヌキどんな、おそろしかこっばしてくれたね、どうしたらよかろか。」

と、おそろしかまねして、腹いっぱたべました。これを見ていたタヌキは、はじめてだまされたと気づき、今度は一晩中かかって、石ころを彦一の畑ん中にいっぱいなげこんだ。あくる朝彦一は畑を見てびっくり、太か声で、

「こらァいいことしてくれた、石肥三年というけん、こなにしてくれて、おれは遊んでいていい。これが馬の糞だったら、大変だった。ありがたいことだ。」

タヌキは、又しまったと思った。あくる晩、石のかわりに町中の馬の糞をひろって全部なげこんだげな。

つぎの朝、彦一が思っとった通り、畑を見てにっこり

「こりゃこまった、こまったことしてくれたね。」

タヌキは満足そうにかえり、おかげで町の馬の糞はなくなり、うつくしくなりました。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3