<

彦一どん

テングとかくれみの

竜峰山にてんぐの松がある、そこにゃかくれみのをもったてんぐどんがおらすげな。そん山に彦一はのぼった。高か岩に上あがって、たかんぽば目にあててながめながら

「わァ、トンさんな、あんなところにすんでごちそうをくいよらす、うまいみたい。」

と、大声ばあげた。すると、てんぐがとんできて、

「おい彦一、そん目がね、おれんにもかさんかい。」

「バッテンてんぐさん、こら人にはかされんとよ。」

「そんなにいわないで、一度でよかけんかさんかい。」

「そんなら、てんぐさん、あんたのかくれみのとかえっこしまっしょうか。」

てんぐはしかたなしに、みのをかし、どんなにみえるのか思い、岩の上からお城をみたげな。ところが何も見えん、

「彦一、こら何も見えんたい、どうしたらいいのか。」

「そらな、はんたいですよ。」

といいながら、かくれみのばきていっさんに山ばかけおりたげな。

てんぐどんは、だまされたと知ってカンカン、それから顔があかくなったとさ。彦一は町にもどり、だれも知らんみられず、すぐ酒屋で酒ば腹一ぱい飲んで、よっぱろうてそこでねむってしもたったい。

ところが、みのから足が出とったもんだから主人から見つかり、みのはとられ、もやされてしもうたげなもん。

そこへてんぐが、おっかけて来て

「こら彦一、お前は、よくもおりばだましたね、はようみのばかえせ。」

「てんぐさん、あんたののみをとったけど、ここの主人にみつかってしまい、あのかくれみのはにせものたい。」

「そうゆうことはない、みのばはよかえせ。」

「バッテンな、てんぐさん、そんみのは灰になっとるけん、その灰ば体につけなっせ。」

てんぐもしかたなしに、その灰ば体につけたら見えなくなってしまい、ほっとして山にもどっていきました。とこっが汗んでてみんな灰は落ちてしもうたげな。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3