<

彦一どん

まつぼり

彦一は、とっても酒が好きでしたけん、よめごは毎晩酒かいに行いかないといけませんでした。
そればってん、貧しかもんだけん、年のくれには借金取りがおしよせて、さすがの彦一も、これには困っていました。
「すこし、お金あっるとね。」と彦一は言います。そればみて、よめごは銭をもって来ました。「そんなお金を、どこから持って来たのかい。」と彦一はきくと、よめごは、「あんたが毎晩酒をかわせたろが、そん時、へそくりをし

たったい。」と、言います。彦一は、酒を毎晩のんでいたお金をためたけん、酒を止めたらさぞ銭のたまるどうと思い、翌年から酒は一滴も飲みませんでした。そして年のくれがきました。彦一は、よめごのへそくりを楽し

みにしていると、よめごは、「あんたが酒をのまんけん、へそくりがたまりません。」と言いました。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3