<

彦一どん

きつねの水およぎ

彦一にちえ負けして、ひどい目にあってきたきつねは、「よし、こんどは、さむらいにばけ、彦一をへこましてやる。どんな彦一でも、さむらいにゃ頭があがらん。」と考えて、萩原の土手でまっていましたところ、あんのじゅう彦一がきました。
「やい小僧、おさむらいさまのおとおりだ。」
彦一、おどろいてこけてしまいました。ばってん、きつねだと知って、にやにやして、「おや、だれだろうかとおもたら、水泳の先生ではありませんか。こないだお城であったとき、石をせおって、およいでいらしたばってん、今、この下の川でおしえてください。」ところが、およぎのへたなきつねは、「これ、みょうなさむらいに、ばけたもんだ。」て、くやしみをしましたが、、負けん気になって、「よし、おしえますので見ていなっせ。」彦一が、くすくすわるて、ふろしきに石をつつで、きつねの首にゆわいつけました。およぎがへたの上、石までゆわいつけられ、たちまちおぼれて、アップアップ、「彦一、たすけてくれ。」といいました。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3