<

彦一どん

スミくらべでカッパを負かす

彦一が千仏のどてばもどりよりってきた球磨川のかわがっぱがでてきて、

「彦一ちゃん、すみくらんがほしか。」

て、いうてきた。彦一もこんがかっぱやつ、いつも子どんがしりばっかりとって、聞いとったもんだけん、

「うん、そらおもしろかろ、やろか。」

「彦一ちゃん、こるばほしかけ。」

「よかたい。」

「彦一ちゃんがまけなら、おが友だちぜんぶに、酒と、そうめんと、鶏の焼き肉ば、ごっそうせんにゃならんばい」

「よかたい、そんかわり、おがかったら、一年間飲む酒と、鮎ばもってけ、出けんとき、そん皿はうちわってよかか。」

「うん、よかよか。」

かがわっぱは、「こらしめた。」ておもうと、よろこんで、どてから、とびこむ用意ばしとらした、彦一が、

「こん川大分深かけん、とぶこむときゃ目ばつぶってとぶこむごて。」

「目ばつぶらんてちゃよかばってん。まぁよかたい。」

がわっぱは、いっだんうれっしゃして目ばつぶったげな。そん間、彦一ちゃ太か石ばひるうてきといて、

「よかね、一、二、三。」

ドボンて、二つ水の音したばってん、とびこうだた、がわっぱと、彦一がなげた太か石だったげな。彦一ちゃ、がわっぱのとびこうだばみて、いそいで、きものをもったまんま、もどってしもうたげな。がわっぱは、だいぶんたってかり、もうよかておもうて、浮きあがって見たばってん、彦一がまだみえんだったもんだけん、彦一の息のながんに、たんがって逃げたげな。そりかりいっときして、彦一の家の庭に、酒一本と、太か鮎の一皿おいてあっ たげな。そりかり、紙にことわってあったげな。

「彦一ちゃん、おるがわるかった。あんなかけばしたばってん。これでこらえちくんなり、こりかり子どんがしりゃとらんけん、皿だけはかんにんして。」

そりかり千仏でにゃ、がわっぱは、しりから魂をとらんごつなったげな。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3