<

彦一どん

犬になった彦一

弥一どんが「おい彦一、久しぶりブリば腹一ぱい食うてみたい。」と、さそいに来た。

「タダのごたるげな。」

「よかたい、行こい。」

二人つれだって、中島町のサカナ屋から一尾ずつ買(こ)って、出町までもどりろうとした途中で大きい犬が、そのブリばめがけてほえかかって来ました。連れの弥一どんは一目さんに逃げだしたのですが、彦一は尻ばからげて、ゆるっと四つん這いになって、ブリばくわえました。仲間だから奪えないとおもった大きい犬は、弥一どんを追っかけましたから、さー大変、しかたなしに弥一どんは、えいっとかけごえかけてぶりを大きい犬に与えたそうです。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3