<

彦一どん

キャクさる鯛

彦一がブラッと八代の町を歩いていたら、魚売りが、威勢のいい声で、

「鯛ヨイ、鯛ヨイ。」

と、ふれて行くのに出会った。

「ようし、」

と思って、

「鯛ヨイ、鯛ヨイ。」

にひっかけて、

「キャクさっと、キャクさっと。」

と、太か声で言いふらすと。

「鯛ヨイ、鯛ヨイ。」「キャクさっと、キャクきっと。」

魚売りが、カンカン腹を立ててつめより、

「彦一、どうしてじゃまするのか。こんなにイキのいいこの鯛ばみてみて、それをキャクさっと(くさってる)は何ごとか。」

「でもね、その鯛ば買うて、キャクさっと(客さ来る)だろうもね。」

魚売りは、キャフンいい、太い鯛をやって彦一に渡し帰ってもらいました。

 

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3