<

彦一どん

はなせ、はなせ

彦一が、熊本からのもどり道、宇土の茶店でおもしろい話しで皆をワンワンはずませていました。出かけるとしたら、

「八代へ行くとは幸い、同道いたせ。」と、二人の武士が、しゃりむり道連れになりました。

「しもうた。」と思いましたが。

「ヘイ、ヘイ。」

と、手ばこすり合わせち、ついて行きました。一人の方は、鼻がつっかげとったげなもんだけん、妙な声で、

「ハナセ、ハナセ」

と、話をさいそくする。その「ハナセ、ハナセ。」が気味の悪かったもどんだから、

「決して立腹なさいますなよ。」

と、ことわって、

「竜峰山にすむ天狗が、相撲ばとろうといいますので、ヨシと言い取り組みましたが、その力の強さ。パッと離れて天狗の高い鼻に両手でぶらさがりました。そしたら妙な声でハナセ、ハナセと言いました。」

「無礼者!」

と、刀に手をかけた武士を、一方がとめて、

「早う去がれ。」と、言いこの武士二人から逃げることができました。。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3