<

彦一どん

かねのなる木

彦一が、京都の本願寺まいりにいきました。そばの宿屋にとまったら、そこの主人が、むごう庭造りが好きで、自分の庭ば自慢しておりました。

「フム、なかなかよか庭でござすな。しかし惜しい、じゅうりカズラと、かねのなる木がありませんね。これがあるとまあだ運が上ります。さいわい肥後八代の私のうちに持っていますので、差し上げましょう。」

と言ったものだから、主人はよろこんで、ごちそうを沢山したそうな。。もどりに、彦一について八代まで来た主人は、彦一のうちの狭か庭に立って、キョロキョロしてますと、右と左に這うとるツタをさして、

「ゴリとゴリでじゅうりカズラですたい。」

シュロの木ばさして、

「こやつで、寺の鐘のなるシコ木ば作くれば、カネのなる木です。さああげます。」

 

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3