<

彦一どん

ヤンモチまんじゅう

「彦一、今日はどこ行くの。弁当持って。」

「竜峰山に行きます。」

ふろしきづつみを、ぶらぶらさせて、てっぺんにのぼったら、うしろからベッビン狐がのぼってきます。

「どら、このあたりでひるねをします。」

と言うてゴロリとねた。

ベッビン狐は、そろっとそばのつつみをとって、いちもくさんに山のすみかに走って行って、子狐ばひきつれて、山のとっぺんの岩にのぼりました。

「今から、ここでべんとうにしますよ。いつも泣かされちばかりおる彦一ヤツのべんとうをぬすんで来た。」

と、得意になって開けたら、まんじゅうが10こはいっております。一番太まんじゅうを上の子狐に食わせ、うまかうまかと、よろこびました。それで、ほかの子狐にも分けてやって、自分もほうばったら、アンはとりもちだったので、アゴのくっついて、泣き出しました。一番太まんじゅう、ひとつだけは、ほんとうのまんじゅうでした。

 

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3