<

彦一どん

粉すくい

彦一が、まあだ子ども時のこと。彦一の家は、貧乏でした。彦一は、感心にも野菜を売ったり、つかい走りばして家族を支えていました。ある日、粉ばひいて売る店の前ばとおりかかったら、そこにいた人達が、「おい、彦一来なさい。お前みたいな感心な者はいない。よく孝行している。きょうはそのほうびに、ここにある粉を、お前が持ってるだけあげるよ、持って行け。でもね、粉はこのざるすくえよ。」と、目のあらいざるをだしました。

「そらあ、ありがとうございます。」

彦一が、どうするかと、みんなで見ていたら、彦一は、うちから桶を二つ持って来て、一つに水ばいっぱい入れました。その水にざるをつけて、それを粉の山に入れる事を数回、もう一つの桶へ移し替え、持って行ったとさ。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3