<

彦一どん

地獄の彦一

彦一がもとうとう死んだ。さんざん人も狐もだまかしたから地獄行きはきまっていた、いまわのきわに奥さんに、重箱二段にケランモチ、もう一段にはアンの代りにワサビば入れち作らせて、そるばさげて地獄へ向かったそうな

「彦一、もう来るだろうと待っとったぞ。」

と、エンマさんが言わした。

「エンマさん、お世話になります。みやげを持って来ました。はようたべてください。一段目はケランモチ、二段目はずっとうまかケランモチ、三段目はまあだうまかもんですが、これは、川の中で食わんと味が出まっせん。」

エンマさんが三段目の重箱ば持って川につかって、一つ口に入れたら、

「わあっ」

と泣き出してしってんばっとう。いつもエンマさんにこきつかわれとる鬼になわでしばらせたから、

「エンマさん、私を戻してください。」

 

 

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3