<

彦一どん

サンカンの狐

八代の高田と日奈久温泉と言うところの間に、サンカンの狐というのがいて、よく人ばだましてました。ある日、彦一は奥さんと話し合って、馬にのせてサンカンを通りかかり、「お前、一週間するといいにわとりを持って迎えに来るよ、それまでゆっくり日奈久の湯につかっていなさいよ。」と大声で伝えて帰って行った。一週間目に夕暮れになってから馬のクラに、にわとりを縛ってサンカンまで来ると、奥さんが柳のかげから、

「あんまりおそいから、ここまで来ていました。」

「そらすまんだったな、早う馬へのんなさい。」

奥さんが馬にのった。

「にわとりは私が手にもちます。」

という奥さんをクラの上に縄でしばりつけて、

「馬から落ちないようにね。」

と鼻高々と帰って行きました。あくる日にほんとうの奥さんが帰ってきたそうな。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3