<

彦一どん

ドジョウ汁

「彦一、ドジョウをたくさんもらったので、久しぶり集まって飯ば食おうや。」と近所の仁が言ってきた。四、五人集まることになって、それぞれ醤油、砂糖、野菜というぐあいに持ちより、彦一は生豆腐ば2丁持って行った。「おいらは、ドジョウはいらないから、その汁の中にこの豆腐を切らないで入れといてくれ。豆腐ばっかり食べるから。」そして、急用があるから、後から来るといって出かけて行った。ドジョウ汁が煮えたってきた。さあもうよかろう、食おうか。となべのまわりによってフタばとって、ホケのホヤホヤする中から、ドジョウばすくおうとしたら一匹も見えん。「お前が先に食べたろう。」と、大げんか。彦一が来て豆腐をもらってかえりました。ドジョウは煮られたあつさに、つめたい豆腐の中にもぐりこんでいたそうで、彦一はまんまとドジョウを独り占めしたとさ。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3