<

彦一どん

生きている絵

「ごいんきょさん、めずらしかもんが手に入りましたけん、見に来なりまっせんか。」と、ごいんきょさんを連れて来た彦一が、掛軸を見せた。女が傘持って立っとる絵だった。

「雨の降る日に、この傘ばさします。めずらしいものです。」
ごいんきょさんが雨の日に行ってみたら、ほんとうに傘をさして、ちょっとすそが乱れている。

「おれに、ゆずってくれんかい。」

「いや、いや、これはうちの家宝にしますとです。」

と、彦一がもったをつけた、そうとうなお金を支払って、ごいんきょさんは、自分のものにしました。しかし、雨が降って来てもただ傘を持って立っとる。

「おい彦一、だましたな。」

「ごいんきょさん、飯ば椀にもってやらなかったでしょう。それで死んしまいました。」
彦一は、晴、雨、二枚の絵をかけかえて見せたのです。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3