<

彦一どん

旗という字

正月のドンドやきの前の日、子供が十人ばかり集まって、ドンドヤやきのしこ(準備)ばしておりました。竹はマン中に立てて、そん上につける色紙に「ハタ」という字ば書こうとししましたが、一人も知りません。

「カナで書いて、おこうや。」

「でも、正月だから漢字で書かんとエンギの悪いぞ。」

そこへ、彦一が通りかかった。

「ああ彦一おじさん、字ば教えてはいよ。」

「あなたは、そうとう頭の良い人ですからわかりますよね。」

「ハタという字。」

さすがの彦一も漢字はトコロドコロしか知らなかった。

「ハタという字かい。そらぁね、竹へんにピラピラと書くといいよ。」

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3