<

彦一どん

太か友だち

彦一が、めずらしく神妙になって、つきあいの百姓家の仕事のヒマの時、馬ば借って、竜峰山にタキギとりに行きました。日暮れになって、馬に一ぱいつんで帰りよった風呂屋の前まで来たら、そこ主人が呼 びとめた。

「そのたきぎないくらにしとくか。」

「百文であげます。」

「すこし高いけど、馬の背中のは全部だろう。そんならいいよ。」

タキギは、全部おろして、だいじなクラも綱も何もかもとってしまった。
二、三日してから、

「おじさん、日暮れ風呂にわかしなさい。わしがともだちも連れて来るがいいでしょうか。ちったふとっていますがいいでしょうか。」

「ああ、よかよか。」

この前の馬ばひいて入ろうとしたら、ことわってクラも綱ももどしてくれたましたとさ。

-彦一どん
-,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3