<

彦一どん

宇土の狐スグルワラ

「宇土のスグルワラ名」の、珍しく化け上手の狐が、宇土におりました。馬のクソを、まんじゅうに見せてだますとのが得意です。彦一は、この狐をこらしめてやろうと、この狐へ八代から生きた鮒をもって行き、ごちそうしました。スグルワラは、大変喜びました。

「こんなにおいし鮒食ったのは初めてだ。どちらから来られたのかな。」

「八代においでよ。八代城で沢山釣れるよ。」

スグルワラは、八代城のお堀に尻尾をつけて、一晩中霜夜にふるいあがったうえ、尾が凍りついて、危なく殺される羽目に会い、一目さんに逃げ帰ったそうです

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3