<

彦一どん

困った米

狐がいつ仕返ししたいとたくらんでいた。それを聞いた彦一は、師走の支払いに大変な時ではあるし、朝、暗い中に家の前の往来に、米を点々とこぼしておいて夜のひきあげ、「朝からこんなに散らしたら困ったもんだ、小川通いの荷車ヤツだろ。あしたまた落ちとったらどうしよう・・・・・。」と大声で言っていた。

それを聞いていた狐は、翌朝、うんと米をこぼしておいて彦一を困らせようと考えた、彦一は十日間これは困った、困ったと言い続け、良い正月を迎えることができました。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3