<

彦一どん

彦一のまじない

彦一の家のそばん、昔のぶげん者だった金助どんいえもあった、金肋どんの代になってから、どんどん落ちぶれて来たげなたい。ところが、金助どんな正直もんの旦那だったけん、不思議に思とったったい。金助どんが神さんに頼ったり、易者に見てもろたりしたばってん、運があからんだったげな。どぎゃんしょんなしゃ、彦一の家へ聞きにいったけん、

「なんな。そぎゃんこつな。そら、やさしいことばってん、今は言われんたい。あしたの朝、早よう妙見さんに来てみなっせ。まじないをしてやるけん。」

て、おしえたげな。そのかわり

「妙見さんに来る前、家ば守るって一回まわってきなっせよ。」

あくる朝、金助きのうの約束のどおり、家ば守るってめぐってみらしたげなもん、すっと、納屋のまわりがきたないかったんでおどろきました。それかり妙見さんの方さんへいきよらした、こんごろのぶげん者にならしたいた善兵どんと、男たちが、いつもう畑をめんどうみておらんだけん、はがゆうなって、どうっと走ってもどってきて、

「こらっ、おまえたちと善兵どんが、いつも畑をほっとかすじゃなっか。」

て、おこって、男したちば競争ごたんして、たたきおこしてまわらしたげな。ぜんぶねとぼけとして、おきってきたとこっで、「今日かり、おれも、ぬしどんと一緒にしごするけんね。きゅうは、しごと前、妙見さんにまいってこようじゃなっか。」ぜんぶをつれて、妙見さんさんきて見らしたら、彦一がにこにこしてまっとったげな。彦一が、

「まじないばおしえてやろか。」て言うと、金助どんなもんかようわかったって、何べんも礼ば言わいたげなたい。

 

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3