<

彦一どん

彦一と大石

さんかんのところで、村者たちが何かがやがやさわいどる。ゆうべの大雨で、山くずれして、太か石のおちて、道をふさいでしもうとる。あんまり太か石で、重うして、だあれもどぎゃんもしきらんだったげな。こまっとるとこれ、ちょうど力強か男の通りかかったもんだけん、たのうでみたら、「おら、今、腹がヘっとるけん、飯ば食わせてくるんなら、その石を運んでやりまっしゅたい。」

て、いうた。村者な、そんくりゃのこつあ安しいこつ、て、いうて話しおうて、いっぴゃたいて、ごっそうした。男は腹、いっぱいたべて太か石のところで、

「さあ、石ば運ぶけん、おれんせなかに石ばのせちくれ。」

みんなぷりぷりはらかいて、じぶんでやれといいだした。男は、

「石を運でやるていうたばってん、このせなかにのせてくれんことには運ばれんばいた。」

て、かえってしまおうとしたところ、日奈久かりもどりよった彦一が、こればきいて、

「おっさん、ちょっと待ちなり。」

ていうて、村のもんに、

「あ~たたちゃ、その石のとこれ、石よか太か穴はほってくんなり。」

村ン者な、何かしらんばってん彦一のいうごつ太か穴ばほったげな。

「おっさん、こんあにゃ、あんた、はいんなり。上かりこん石ばころばきゃて、せなきゃのせちやるけん、そりかり運びきっどもん。」

男は、まっさおなって、がたがたふるいだしたげな。

「運ばんとなら、役人にゆうか。」

男は、村のもんに、さんざんあやまったうえ、金まではらって逃げだゃたげな。あとかり、みんなで、太か石を穴なかにころびいれて、かたづけ、よろこうだげな。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3