<

彦一どん

いももんどう

八代の町の徳平ていう、人かりだまされたことのなか、ぶげん者のいんきょさんのおらしたげな。彦一は、こんひとばだましてみんばんておもち、庭さきんとこっで、

「ごいんきょさん。ことし、わしがつくったからいもは、こぎゃん太かったばい。四斗だるぐらいあったろな。」

「ウハッハハー、彦一やめんか、そぎゃん太かからいもてあるもんか。だまそうてしたてちゃわかっぞ。」

「そぎゃんたいなあ。ほんなこたあ五しょうだるぐりゃ・・・・・。」

「ばかんこつ、そぎゃんとんあるか。」

「そんなら、一升どっくりぐんにゃ……。」

「んにゃ、まあだ太すぎる。」

「うーん。一合びんぐりゃだったろな。」

「うん、そんくんにゃだろね。そりがあたりまえたい。彦一おりばだますとはむつかしかろが、ハッハハハ・・・・・。」

彦一も、おかしゅなって、

「ウッハハハ……。」

「こら、彦一、ぬしがおかしかこつァなかろうが。」

「ばってん、ごいんきょさん、まあだ、からいもは苗ばうえたばっかりでなかつたばい。」

徳平どん、がっくっととらしたげな。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3