<

彦一どん

わたかい

中嶋町によくいいわた屋があったげなたい。いなかもんだとみたなら、高こうわたばうりつけよったげな。彦一が、こりをきいて、わた買い行ったげな。

「ごめんなっせ、わたの実を五しょうばっかりくだり、実はなぁ、わたかいしたっことがなくて、こまっとですたい。」

「ああ、そぎゃんかいた。ちょっと、まっとんなっせ、今おとしてやりますけん。」

わた屋は、いせえで十貫目のわたばだしてきて、実をとりだしたな。彦一はそうば見て、 「そん実のはいっとるわたは、いくらでっしゅか。」

「こらあな、まあまけといて二円ぐんらいでっしゅな。」

「ほう、高いですな。」

「ちかごら、何でんあがるもんだけんな。」

話しばしとるうちい、実ばとってしもうて、「またせましたなあ。すんまっせん、ちょうど五しょうありますばい。」

「いくらでっしゅか。」

「あんただけん、一円二十せんにまけとくたい。」

「そら高すぎるばい。うん、そんならせっかくだけん、実をとった残りわたでよかたい。ぜんぶで八十せんですたいな。」

彦二は十貫もあるわたを、八十せんでこうて、さっさもどったげな。番頭どんな、ぢだんだふんで、悔しがったそうです。

 

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3