<

彦一どん

へいのつた

お城の裏手のほうは、だあも見みこんし、手入れもせんもんだいけん、石垣に植えたつたのやつが、土べいを上がり、お城の屋根まで、のぼってきとったげなたい。ところがたいある日にそば見つけてかり、 「こっじゃいかん、つたの葉のしげっとと、敵やつが、そろっとはいってきたてちやわからんじゃなかか、すぐ取ってしまわにゃけん」役人たちがすぐ人夫を集めてかり、つたば取ろうてするばってん、もう何年も前からだけんかなかなか取れんし、しゃいもっでん取ろうとすっと、屋根まで壊れるといけん。そうれ見とった役人は、

「こら、わからん、ちょっとよ待っとれ、殿様に言うてくるけん。」

殿様がこらして、

「殿様、どぎゃんでしゅうか、今、根はうち切っとってかり、枯れちしもうたなら、とるごっすっとしゃがにゃ。」

「うん、よかたい。」

そん話を、ちょうどきいとった彦一が、

「ちょっと待ってはいよ、そぎゃんこっすっと、つたはとれんごつしなりますばい。」

すっと、殿様の、

「ばかんこつ、木でん草でんかるっとしゃがにゃ、よおなってしまうどもん、かれちかり取った方が、よかろばい。」

彦一、床の間のふじづのかごばゆびしゃてかり、

「こうば見てはいよ、つくっときゃなましかけん、どぎゃんでんまげられますばってん、こぎゃんなってから、どぎゃんもでけまっせんもんな。ふじづるも、つたと同じこつのごたるものですけん、今とった方がよかっじゃなかろうかて思いますばってん。」

聞いとった、とんさんも役人も、ほんなこっと思うてかり、また、仕事ばはじめらしたげなたい。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3