<

彦一どん

牢屋んすずめ

彦一がはいっとる牢屋のある町、ぐるっと山にとり囲まれとってかり、田の中の少なかとこっだったてたい。そっだいけん、米は隣村かり月一回牛車に積んで持ってきよったげな。そんこつば知っとる山賊ども、そん行列ばしゅうげきして、米ばおっとりよったげな、風にこつ、さってきてかり、風のこつ、さあって引きあげて行くもんだいけん、一人もつかまらんで、役人たがっくりしとったげな。彦一が、牢屋に入れられてかり、もう十日もたったある日のこつ、牢ぱんの、今日は米が無事つくどかて心配しながら話しよったげな。そん日タぐれ、きゅうに太か声ばだして牢番ばよんで、

「たった今、山賊が出てきてかり、米ば盗んで逃げていきよる。今すぐ行くとしぎぎり間にあうばい。はようそぎゃん役人に言いなっせ。」

「そら、ほんなこつか。そっかり見えばしすっとか。」

「そぎゃんこつ、どぎゃんでんよか。わけはあとかり言うけん、はよ、しなっせ。」

牢番な、おかしかこつば言うやつなあて思うたばってん、彦一の真剣な顔におされてかり役人に言うとしゃがな、役人も彦一の言うこつば信じたっじゃなかばってん、万一のこっば考えてか、三十人ばっかんの捕っ手ば連れち、走って山さん行ったてたい。すっと、ほんなこて付きそいの役人たちゃ木にきびられてかり牛車はひっくりかえってか、米いっぴゃ散らばっとったてたい。彦一のおかげで、すぐ山賊たちゃ全部つかまえました。米も全部もどってきたもんだいけん、彦一は、牢かり出されてかり、ほうびばようけんもろたてたい。代官の、

「牢屋の中きゃおって、ようわかったね。」

て、きかすとしゃがにゃ、彦一、

「なんの、すずめんおしえてくれたっですたい。牢屋か外ば見とったとこが、庭や屋根上や木上止まっとったすずめやっどんが、チュンチュン言いながり、山の方さんどんどん飛うで行くどがな。そっで、こりゃただごっじゃなか、ひょっとすっとしゃがにゃて思うてかり言うてみたっですたい。」

代官な、こん話ば聞いてかり、

「ぬしゃ、ただもんじゃなかね。どこんなんていうもんかい。」

「わたしゃな、ひごのやっちろ、彦一ちゅうもんですたい。松井の殿様は友だちんごて仲ようしとるもんですたい。」

て、言うち久しぶりに大か口ばあけちわるたげな。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3