<

彦一どん

すすだけうり

「ささやぁ、すすだけえ。」

年の暮れの寒か日のこつ、八代町を彦一が売ってされきよったげな。とこるが、平屋と油屋の番頭どんが、

「ほら、こんまえ、かごん上、きじばのせて、からす、からすていうて売っといて、知らんけん安かろたい、て、おもうて『からすばくれ』て、いうたりゃ、ほんなからすばうった小ぞうたい。仇をうとい。」

「そらあ、おもしろかばい。いっちょやろ。」

二人りゃ話しばきめち、

「ささば一本くれんかい。いくらだろうか。」

「はい、一せんですたい。」

「たっかね。」

言いながり、平屋がさき一本こうたげな。そるかる油屋が、

「おれにゃ、すすだけ一本。」

彦一が、また一本とってやったりゃ、

「彦一、こらあ平屋さんとおなじこっちゃなっか、平屋さんは、ささ、おら、すすだけてこうたっぞ。」

こりば聞いて、にやっとした彦一が、

「だっだろかておもとったら油やの番頭さんでしたか。名前やーたしか・…-。」

「おら吉兵衛、こん人は平屋久六さん、ようおぼえとけ。」

「きゅうは、こんまえんごつだまされんぞ、はよ、ささじゃなか、すすだけばやらんか。」

おちいとった彦一は、

「なあ、だんなさん、おが売っとる竹も、屋号はささ屋で名はすすだけですたい。」

二人とも二の口がでんだったげな。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3