<

彦一どん

めかくし競走

稲荷さんの祭のよびもんな、目かくし競走げなたい。出町勝つと、となりの村勝つと、選手ば一人ずつじゃあて、いちいん鳥居かり拝殿までの石段を、目かくししてかり走りのぼる競走げなたい。

「ドドン、ドンドンドン・・・。」

大太鼓がなりはじむっと、ふたりの選手は、いっ気に走っじゃあたげな。はじめんうちゃ、隣の村の選手が早はやい、すぐじゃ四、五メートルばっかり差がひっぱなちぁたてたい。

石段のとけくと、ころんでしまって、あんまり前さんに進まんてたい。それくらぶっと、出町の選手はコツコツと石段ば上がって、ちょうどあんまさんのごつしてドンドンあがっていかすとたい。

そっだもんだいけん、すぐ隣の村の選手を追いぬいて勝たしたげな。出町の者たちは手ばたたいて、そうにゃ喜こばしたてたい。

勝たした出町の選手の「ハアハア」言うち、目かくしば、はずさすとすと、見とったもんのみんな、おどろいた。そん選手は、彦一の入れ知恵で、目のみえらっさん人が出町選手だったげな。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3