<

彦一どん

彦一のぜに拾い

八代の城下の町人どんが、

「道をあゆみよって、ひょっと道ばたん落っとるぜんば拾うとんごつ、うれしかこつぁなか。」

て、話しながり通りよったっば聞いとった彦一も、おるもいっちょぜにば拾いに出かて、八代の町ばされたばってん、どけんもぜんな落ちとらんだったげな。

そっで、彦一も考えて、自分のぜんぶくろかり、ぜんば出せば道ばたん草の中伏せて、それで拾うてみゅうて、草わりになかば探してみたげな。

ところが、さっかりなげたばっかりのぜにが、どぎゃんしてんみつからんもんだけん、ぜんのおしゅして、なきべそかぶって、草わらをさがしまわったばってん、どぎゃんしてんみつけださん。

こまってしもうた彦一、子どんがするまじないば考え出ゃて、手んひりゃぁつばばのせち、指でポンてたたゃて見たげな。

すっと、つばは東の方さんとうでいったもんだけん、つばんおちったあたりば、いしょうけんめさぎゃてみたげな。

とこるが草の根のとこり、ぜんのうっぱすまっとったてたい。

彦一は着もんの袖で、汗をふきながり、ぜにばにぎって、

「ほんなこつ、ぜにば拾うとはうれしかー。」

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3