<

彦一どん

彦一の経文

彦一のいえのおっかさんが死なしてから、今日でもう一周忌になるげな。彦一は仏さんにお経ばあげちやらんばんて思うたばってん、ぼんさんばやとうぜにがないもんだいけん、ぜんのかからんこじき坊主ばつれちきて、仏さんの前、坐わらせたげな。ところが、お経ばあげにゃん時になったばってん、こじき坊主のお経ば知っとるはずのなか。ちょうどそんとき、かべの穴のかりねずみやつが、チョロチョロ顔をだゃたもんだいけん、

「おんチョロ、チョロチョロて、でえらした。」

て、お経ばとなえらしたげな。たまがったねずみやつが、つらばひっこむと、

「というたら、ひっこうだ。」

ねずみやつが、チョロチョロて逃げたし、

「こんちくしょう、まぁて、のがさんぞ一。」

うしろん方で、こんようすば見とった彦一、おかしゅうなってしもうたげな。ところが彦一、こんおかしかったがお経は忘れきらん、ねごついいよったげな。そんとき泥棒やつがやってきて、そろっと戸のふし穴かりのぜてみたりゃ、

「おんチョロ、チョロて、でえらした。」

ひやってして、首ばひっこむっとしゃがな、

「てぇ、ゆうたら、ひっこんだ。」

彦一やつ、ねとるておもとったばってん、泥棒がげ出すと、「こんちくしょう、まぁて、のがさんぞー。」たまがった泥棒やつ、これはかなわでん、にげだしたげな。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3