<

彦一どん

たぬきの入道

きつねやつが、いつも彦一にだまされてばっかりを見かねてち、たぬきやつが萩原の土手で、彦一ば待つとったげな。

「彦一ちゃん。」

「オー、たぬ公かい。」

「きつねやつ、ちょっとばかばいな。いつでん彦一ちゃんにかつがれ・・・。」

「ハッハッハッ・・・・・・ぬしゃ りこさんのごたるね。」

「エー きつねとはちがいますばい。」

「そぎゃんかい、なんにばけるのが得意かい。」

「わたしゃ一つ目小憎でん大入道……。」

「ほんならいっちょ、ばけくらんごばしてみゅうか。」

「うん、そらおもしろかな、やりまっしゅ。」

「なーたぬ公見てみんさい、あっちかりつえばついた、おとりよしが来よらすどが、あんひとば、ぬしが大入道でたまがらしたら、おるが負けたい。」

たぬき笑うて、

「アッハッハッハッ……わしが大入道になんなら、どんな人もんでひったまがるけんな、まあ見とってみなっせ。」

たぬきやつが雲にとどくごたる大入道にばけたばってん、じいさんな、なんのこつもなかごつして歩いていかすげな。

「彦一ちゃん、こぎゃん太かもんな、はじめっな。」

たぬきやつ、いきばせっきってか「フウフウ」言うたげな。

「そんならこんだったら、よう見とけよ。」て、いうて、

「ヒヒーン・・・。」

て馬のなきまねばしたげな。

ところが、じいさん驚いて、道のかたすみにちぢくれらしたげな。こんじいさんは、あんまさんだったてたい。

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3