<

彦一どん

きのこ

松井の殿様な、きのこんがそうにゃ好きだったげな、ある年、

「一軒かり千本ずつ、木のこばもってけ。」

て、役人どんが彦一の村もいうてきたばってん、こんとしゃ、また、でん年だったげな。どぎゃんすんならよかろかていって、村もんがこまってしもうとるとこれ、彦一がきたけん、彦一にたのんだげなたい。彦一ちゃん、木の苗ば千本もって、役人のとこれいったげなたい。

「きのこば、もってきましたばい。」

役人たちが、中ばみて、

「彦一、こら、きのこじゃなかじゃなっか。」

「そぎゃんこつあなかでっしゅが、きの子ですばい。」

「ばかいうなこついう、きのこてにゃ、しいたけんこつぞ。」

「ああ、そぎゃんでしたか、しいたけならもうありまっせんたい。」

「しょんなかたい、来年まちがわんでもってこいよ。」

「そぎゃんかいた。しなら、もう一ぺんききますばってん、きのこていうとは、しいたけんこつ。しいたけていうとは、きのこのこつですな。」

「うん、そぎゃんたい。まちがゆんなよ。」

「はい、はい。」

彦一は、そんままもどされたげな。とこるが、あくる年の秋、まぁた、役人のきて、

「一軒千本ずつ、しいたけばもってけ。」

て、いうて、ねんばおしてもどったげな。運が悪くて、まぁた、でけんだったけん、だぁるもこまってしもうた。しょんなしゃ彦一が、また木の苗ばかるうて、いったったい。役人たちゃ、こんだ彦一もどぎゃん話しよっとけもってきた。なかばあけてみたりゃ、木の苗ばつかり、

「こら、彦一、とぼくんな。あぎゃんいうたて、また木の苗ばもってきたじゃなっか。」

「はい、まちがわんごつもってきましたばってん、何か。」

ちゅうて、とぼけたつらして、

「あって、去年、きのこていうた、しいたけんこつ、しいたけちゅうとは、きのこんこですけん、ことしゃよかろうておもうて、きたっですたい。」

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3