<

彦一どん

お金もち

ぜにをもたん彦一だけん、うんと彦一に頭ばさげさしゅておもて、きつねが綿屋金兵衛ちゅう八代一のぶげいしゃにばけ、萩の土手で、まっとったげな。とこるが、彦一も錦屋のだんなんが、こぎゃんとこり一人おらすはずなか、ておもてぴんときたもんだけん、知らんふリばして通ろうかましょた、

「彦一、どけいくとかい。」

ちゅうて、声はかけて来た。

「あらら、こら、綿屋のだんなさん、よかとこりあいました。このまえのこたい、うもう話のつきましたばい。」 「そらよかった。」

「これかり、いってみまっしゅか。」

「うん、よかたい。お礼はうんとすっぞ。」

きつねは木の葉の金ばふところかだし、うんとばっかり、みせた。

「まあ、お礼のなんの、あとでよかですばい、な熊本にも、なかごたっとばもらうごつしとります。」

「えッ…-。」

「太さは仔牛ぐらにゃで、番犬にもってこいですたい。」

犬ときいて、つらの色、失のうた、きつねば見て、

「どろうぼん番、猟、特にきつね、たぬきゃ生かしちゃおきまっせん。」

「ひ、彦一・・・・・。」

きつねは、悲鳴ばあげて逃げたげな。

 

-彦一どん
-, ,

© 2021 YATSUSHIRO 3 3